ブッダのおしえとインドの思想: 前田專學講演録

2017年1月11日

恩師・中村元の学問と精神を継承し、インド思想の世界を出来るかぎり分かりやすい言葉で語り続けてきた前田專學氏の講話集。インド思想を形作るバラモン教やヒンドゥー教の教えや神々は日本では馴染みが薄いと思われがちだが、それは仏教に継承され現代の日本に確実に根付いている。バラモン教の思想はどう仏教に引き継がれたのか。日本の歴史と精神に大きな影響を与えつづけたインドの宗教的・思想的伝統とは何か。市民に向けて語られた講話を中心に5篇を収録。師である中村元への思いにあふれる、かつてないわかりやすいインド思想と仏教の話。

第一章 日本人の心に根づいたインド思想
第二章 インドにおける業論―業報輪廻―
第三章 インド古代思想と大乗経典の成立
第四章 中村元先生と仏教
第五章 現代社会とブッダのことば

著者略歴

前田 專學(まえだ せんがく)

1931年、愛知県名古屋市生まれ。1955年東京大学文学部印度哲学梵文学科卒業、1961年米国ペンシルヴァニア大学大学院東洋学科修了。Ph.D、文学博士。
米国ペンシルヴァニア大学助教授を経て、東京大学教授、武蔵野女子大学教授を歴任し、インド哲学・仏教学の第一人者として長年教鞭を執る。1989年日本学士院賞受賞。2002年勳三等旭日中綬章受章。2014年インド共和国パドマ・シュリー勲章受章。
現在、公益財団法人 中村元東方研究所理事長・東方学院長、中村元記念館館長、東京大学名誉教授、武蔵野大学名誉教授、史跡足利学校庠主
『ヴェーダーンタの哲学―シャンカラを中心として―』(平楽寺書店、1980年)『インド的思考』(春秋社、1991年)『ブッダ―その生涯と思想―』(春秋社、2012年)『インド思想入門―ヴェーダとウパニシャッド―』(春秋社、2016年)など、著書多数

この商品は、Kindleの電子書籍としてご購入いただけます。お使いのスマートフォンやタブレット、パソコン(Windows、Mac)にKindleアプリを入れることでご利用になれます。